大人のピアノレッスンについて

  1. 大人の方は、肩や手首に力が入りやすいので、それぞれの関節の力を抜く体操から入ります。
  2. まずは楽譜の読み方からやっていきご自分で譜読みができるようになってもらいます。
  3. 弾いてみたい曲を中心に、テクニックなど譜読みも並行したレッスンを行います。 生徒さんと相談しながら進めていきます♪
  4. 基本的はご本人の希望を優先します。 読譜ができるようにしたいのか、基礎からみっちり習得したいのか、弾きたい曲をマスターしたいのかなど、ニーズに合ったレッスンを。
  5. 好きな曲の簡単な部分から弾き始めます。そこから波及していく形で、ドリルの必要性がわかるからです。 シニアの初心者のかたには、メロディーだけを弾く形から満足感を得られるように心がけます。
  6. 大人が始めたい、と思われるとき、その動機と目的が必ずあります。それにそったレッスンをします。ただし、私はクラシックなので、楽譜は必須。必ず楽譜は読めるように指導します。
  7. 好きなジャンル、曲をお選びいただきまして、その目標に合わせてのレッスン内容になります。
  8. お好きなジャンルの曲のメロディーを片手でひいてみていただきます。
  9. 先ずは音名と鍵盤の場所を覚えていただき、誰もが知っている曲(童謡、民謡などを簡単にアレンジしたもの)を弾けるようになってもらうところからはじめています。
  10. 両手で弾ける楽しさを感じていただきたいと思っています。
  11. ハノンを使って指の動きを覚えて頂きながら、簡単な曲で音楽的なこと、フレーズの作り方、色々な音の出し方、打鍵の仕方を一つずつ覚えていって頂きます。
  12. 大人の方は、この曲が弾けるようになりたい!というのがあると思うので、その曲のみをレッスンします。 譜面(5線)のポイントとなる音を先に覚えてもらう(一番上の線、真ん中の線、下の線など…)
  13. まずはご本人様の希望とピアノや音楽経験を伺います。まったくの初心者でしたら読譜と基本的な指の動きを練習できる教材を利用しながら、ゆっくりご希望の曲が弾けるよう目標を決めてレッスンを始めます。
  14. ひきたい曲を弾くですね。
  15. まずその方の目的や目標をお聞きして、それに見合ったレッスンを考えます。ご本人から『退屈でも構わないので基礎からやりたい』というご希望があれば別ですが、大人で趣味の範囲でという事であれば、あまり退屈なものは避けます。『弾きたい曲を楽しんで弾くこと』を前提に、知ってる曲などでモチベーションを維持しつつ、少しずつレベルアップしていきます。
  16. まずは簡単な知っている曲を弾けることを目指していきます
  17. 音符を読める様にする事と指を動かす事に慣れさせる事から始めます。やはり長年生きてきて、何かを1から学び始めるのは恥ずかしい面もあるかと思います。そこを無くす事も必要かと考え、1から指導する旨を伝え、理解して頂く様にしております。
  18. まずは簡単な知っている曲を弾けることを目指していきます
  19. まずは、どんな曲を弾きたいのか? クラシック、ポピュラー、ジャズなどのジャンルをお聞きして、好きなジャンルの曲の右手から、そして両手で、というようにレッスンを導入します。
  20. 音の読み書きから。
  21. 易しい指慣らしのテキストと並行して、ご本人がご興味のある曲をレッスンします。ご興味のある曲がまだ難しい場合には、その曲の簡単なバージョンの楽譜を探したり、メロディやバスだけでも取り組み、私自身が生徒さんの弾くそれに残りの声部や伴奏等をつけてアンサンブルなどします。
  22. 姿勢や力の抜き方、音符の読み方、など基礎の基礎から始めます。また初歩の段階からでも知っている曲など取り入れてピアノを弾くことももちろん取り入れております。
  23. 知っている曲、楽譜にドレミがついている楽譜や コード伴奏など楽典や音楽理論より弾ける楽しさを味わうことを 優先しています。
  24. まずは「弾きたい!」曲、 なんとしても優先です。 無茶振りOKです!
  25. 個人差にもよりますが、全く初めての方には子供の導入本からのスタートをお勧めしています。大人の方は子供より飲み込みが早いので、楽に、あっという間に導入は終えます。ですが、結果的につまづきが少なくある程度のレベルまでステップアップしていけます。
  26. バイエルから導入します。
  27. まず、音の読み方を簡単な楽譜を使ってお伝えします。 その次に指番号を覚えていただきたいので、指番号運動をします。
  28. その方の馴染みのある旋律の教材を使用してレッスンを始めます
  29. 大人の為のテキストを使っています。(ドレミ楽譜出版社:ほんとにはじめてのピアノ教本、おとなのためのピアノ教本) なるべく最初の方から両手で演奏して頂けるようにソルフェージュを充実させながら進めています。
  30. その方の目標にもよりますが、ご希望がない場合はキャサリンロリンシリーズなどを利用いたします
  31. まず、弾きたい曲をお聞きしてジャンルによって教材が多少変わります。 両手がバラバラに動くためにメロディと伴奏パートに分けます。 次にどの鍵盤を弾けば分かれば指が動くのでコードを覚えて頂いたりします。 後は右手と左手のパートをそれぞれ録音してご自宅での練習の際に活用頂いてます。
  32. その方の目標にもよりますが、ご希望がない場合はキャサリンロリンシリーズなどを利用いたします
  33. 「ピアノを弾くための指」にするために、基礎練習のテキストを用いる他、脳のトレーニングや、ストレッチ、希望者には体の使い方のトレーニング、も行っています。
  34. その方の目標にもよりますが、ご希望がない場合はキャサリンロリンシリーズなどを利用いたします
  35. まずは弾きたい曲を挙げてもらい、初心者でも弾けるアレンジした楽譜等を用います。
  36. それにプラスして、読譜や指の練習の為の教本も並行します。
  37. その方の目標にもよりますが、ご希望がない場合はキャサリンロリンシリーズなどを利用いたします
  38. 先ずは、出来なくても良いのだから。楽しみたい。が一番の早道だと思います。
  39. 簡単に言えば、右手の人差し指から。次に左手の親指がが付いていけば。
  40. 難しく考えず、ゆっくりリラックスして少しづつ進めば、ある時に気が付くと、自分でも驚くくらいに、滑らかな指の運びとなっていると感動の出来る日が来ていると思います。
  41. その方の目標にもよりますが、ご希望がない場合はキャサリンロリンシリーズなどを利用いたします
  42. まず指の体操からはじめましょう。 次には、良く耳に馴染んでいる童謡に取り組んでいただきます。 更にこれが弾きたいという曲をもっている方が意外に多いので、それを弾けるようにします。 すると、次の課題に熱心に取り組まれるようになっていきます
  43. その方の目標にもよりますが、ご希望がない場合はキャサリンロリンシリーズなどを利用いたします
  44. 譜面を読みながら両手ではじめる。
  45. 基礎練習とともに、まずは一曲課題を作ります。一曲ずつ弾ける曲を増やしていけるようなレッスンをいたします。
  46. 指の体操やテキストは子供と大差はないですが、とにかく弾いてみたい曲を決めてジックリ取り組みたいと思います。
  47. お好きな曲やジャンルから選曲し、まずは1本指で弾いて楽しむところから入ります。
  48. 基本的な内容は、子供初心者と同じ。教材は多少大人っぽいデザインのものを使います。
  49. 大人初心者のピアノレッスン = リズム、簡単な音の読み方の基本、コードを毎回少しずつ平行していきます。
  50. その方がどんなレッスンを希望されるかで、三者三様です。 音楽の基礎から学びたいのか、弾きたい曲を集中して弾けるようになりたいのかなど
  51. 生徒さんの考えている目標や希望をお聞きし、それに近いレッスンをするよう心がけています。
  52. 大人の方は、先ず弾きたい曲や、目標の曲を設定してレッスンを始めることが多いです。きちんと基礎力やテクニックを学ぶことも必要ですが、楽しみで習われる方がほとんどですので、先ずは弾けた!という喜びを感じて頂けることを心がけています。
  53. 大人と言えど年齢目標も違いますのでそれぞれですが読譜 指番号による指の体操反射
  54. 初めからピアノの音を美しいと感じて頂きたいのでメロディーを弾いて頂き私が伴奏を付けたりペダルを踏んで差し上げたりして音楽ありきのレッスンを心がけています。
  55. 楽しい会話も大切なエッセンスです。
  56. 耳で聞いた事のあるメロディー、曲を使います。ご本人が弾きたいと思うジャンルで、無理なく楽しく出来るようにしたいと思います。
  57. いきなり譜面を渡して、はい弾いてくださいでは混乱してしまうことと思います。なので、まずは耳馴染みのある曲からレッスンで取り扱っていきます。そうすれば譜面が読めない方でもすんなり弾けてしまうのです。慣れてきたら譜面を読むこと、クラシックの曲などにも挑戦していきます。
  58. どんな曲を弾いてみたいのか、自分の中でのゴールをイメージしてもらいます。
  59. 大人の方は学生と違い、限られた時間で練習しなければならないので、カウンセリングがとても重要だと思います。
  60. まずはいずれ何が弾きたいかということをご本人に確認しています。大人の方の場合、こだわりのある方も多いですので、それを大事にしながら進めるように心がけています。
  61. 最近は大人の初心者のための教本も出ていますのでそれを取り入れたり、もし上達が早ければ、クラシックの名曲を簡単にアレンジしたものなどを使っています。
  62. 音符の読み方、リズムなどピアノを弾くうえで大切なことを細かく指導します。
  63.  基本はお子さんと同じレッスンをしますが、ただ「このように弾いて」ではなく、なぜそう弾くのか、どうして今の弾き方では、違うのかの、理由を細かく説明してレッスンしております。あとは当然弾きたい曲があって、習いに来ていると思いますので、その曲に使えるテクニックを、優先順位を上げてレッスン課題に出します。
  64.  うたをうたう、うたと一緒のメロディーでピアノをひいてみる。
  65.  カナ付き楽譜で、指数字が大きく書いてある楽譜を使い、ストレスを少なくして、気軽に楽しんでいただけるようなレッスンをいたします。
  66. 大人の方は、弾きたい曲があることが多いと思いますのでなるべくご希望にそうようにしています。
  67. 特に希望のないときは、大人のためのピアノ教本(橋本 晃一著)を使用します。
  68. 今までのピアノの経験と御希望により、基礎から始めたり、お好きな曲を弾くことかた始めたり、臨機応変に対応しています。
  69. クラッシク希望の方はバイエルからポピュラー希望の方はゆっくり楽しい曲から
  70. 指練習とあとはその生徒さんがどのようなピアノ曲を弾きかた、習いたいのか聞いてからレッスンをします。
  71. まずは楽譜の読み方を教え、指の使い方、重さのかけ方を教えていきます。
  72. 生徒さんのレベルを見させてもらってから、片手で弾ける曲、簡単な曲に伴奏をアレンジして付ける等。
  73. 目的や目標を最優先していきます。そのために、弾きたい曲の他に、場合によっては練習曲のような課題を取り入れることもあります。
  74. 目的を聞いてよく話し合ってから進めます。初歩の教則本(大人のための~、でも。こども用でも)を最低1冊はやってほしいですが、ご希望をきいて行います。
  75. 指の形を整えるハノンに準ずるものと何が弾きたいのか好みによって選びます。
  76.  指の体操と、譜読みの基礎、簡単な曲を歌いながら弾くことから、始めます。
  77.  どのような音楽が弾いてみたいか伺って、歌ったり拍子やリズムを取る練習、片手ずつ4~8小節ずつ徐々に弾けるように導入しています。 体が硬くなったり指がスムーズに動かないときには、リラックスする腕の動きや運指法を取り入れます。
  78.  まずは指の練習から。でないと、腱鞘炎などといった様々なトラブルを起こしかねないので。
  79.  基本を習得するための簡単な練習曲と、生徒様がお好きな曲を簡単にアレンジした楽譜を使います。
  80.  やっぱり楽譜が読めないと長続きしないと思うので、弾くこと+ご存知の短い曲などを使って音符で歌ってみたり、リズムをたたいてみたりして、楽譜になれていただくようにします。
  81.  子どもの初歩レッスンと殆ど同じ内容ですが、多少レベルが高くても弾いてみたい曲を1曲レッスンに組み込むなど、目標を持って基礎を学んで頂くようすすめております。
  82.  まずはどんな曲が弾きたいかお伺いして、それに向けて少しずつ挑戦していきます。
  83.  ピアノの簡単な歴史から始めます。
  84.  憧れのあの曲を弾きたいと思う気持ちが強い方も多いと思います。好きな曲を弾けるようになるために、大人用のやさしいピアノテキストを使って、基礎的なテクニックや音楽理論を学んでいきます。そしてなにより、音楽が楽しいということを感じていただけるレッスンにしたいです。
  85.  個々のニーズに合わせます。 弾いてみたい憧れの曲などから入ると良いでしょう。
  86.  弾きたい曲がおありなら、その曲の簡単なアレンジ楽譜から始めて、曲を弾く中で、基本的な指の使い方や楽譜の読み方を覚えていただきます。
  87. その方の希望に添って指導しています。
  88. 生徒さん一人一人によって違いますが、基本的には大人の方向けの初心者教材を用い譜面の読み方を学びながら、短い曲で譜面や鍵盤になれていく方法をとっています。
  89. 最初はテキスト通り進めますが、一年ほど経つと初級者向けのピアノ曲集からお好きなものを選んでいただく内容に進みます。
  90. 大人の初心者の方には、ピアノをやめてしまっても、一人で弾ける力を付ける、というのが目標です。幼稚園や教員を目指す方であれば、課題やお仕事で必要な歌をひたすらレッスンで練習します。左手が苦手であればコード(和音)に置き換える等して、相談しながら弾きやすい形に変えていったりもします。譜面にこだわらない、もしくは好きな曲をとにかく弾けるようにという方は、譜面をもとにオリジナルに近い形で一曲ずつ仕上げていきます。コードが弾けると楽なので、その弾き方もお教えしていきます。
  91. 目標の曲が難しすぎる場合は、こちらからご提案して練習用に短い曲を挟んだりもします。
  92. まず、私と簡単な即興演奏をしていただき、楽器になれることから始めます。 そのあと、読譜の練習をします。曲に関しては、基本的にご希望の曲を持ってきていただいて構いません。もちろん、こちらからもご要望とレベルに合わせて推薦させていただきます。
  93. 指の体操を重視しますが、その他はお子様のレッスンとほとんどかわりない内容です。
  94. 基本の音階を丁寧に行います。 白鍵の全調を弾ける様になるだけでアハ体験があります。
  95. あとは本人の弾きたいものとやった方が良いかなと思われる曲を一曲ずつ。
  96. リズムたたき等は並行して行うと読譜力もつくので、レッスンに組み込みますが、あとはご本人のご要望や適正を見て、組み立てて行きたいと考えて居ります。無理なく、しかし力のつくレッスンが出来ればと考えて居ります。何年通っても譜面を満足に読めない人もいらっしゃるので、基礎力を付けられる様に、お手伝い出来れば本望です。
  97. 始めは基礎知識のお話をします。 そしてできるだけ始めから、可能な曲を両手で演奏していただき、充実感を味わっていただけるように心掛けています。
  98. 大人の初心者ピアノレッスンについてはまずやりたいことから。 はじめからクラシックの原曲から進めたい方は取り組んでみますし、基礎からはじめたい方は大人のための教本からはじめます。
  99. 楽譜の読み方、指の動かし方など基礎から始めます。
  100. お好きな曲をお持ちいただいて様子を見ながら編曲を加えることもあります。
  101. テクニックの上達を希望される方には合った教材をお選びいたします。
  102. とにかく弾きたい曲をどんどんいっしょに譜読みしていくことから始めます。ご要望があればコードや音楽理論を並行して教えてゆくことが多いです。
  103. 大人の初心者ピアノレッスンはお好きな曲をお持ちいただいて様子を見ながら編曲を加えることもあります。 テクニックの上達を希望される方には合った教材をお選びいたします。
  104. お弾きになりたいジャンルにもよりますが、大人の初心者ピアノレッスンは子供の導入とはテキストもいろいろと違います。
  105. 指1本からでも楽しめるように工夫していて、気が付くと両手で弾いている・・・と言ったレッスンです。
  106. 目標を決めます。音この曲が弾いてみたい、とお考えの方には曲にあった指導(音符の読み方であったり指遣い)をアドバイス致します。
  107. まずは楽譜と音符になれることも大変なことと思いますのでゆっくりピアノに慣れるように生徒さんの得意なこと(音を覚えたり、指導者の真似て弾いて見たり)を見つけながら指導していきます。