プロフィールの作り方

プロフィールを制作する方へ

毎日のメール受信チェック習慣がなく、案内した生徒様へ連絡をせず結果的にキャンセルとなるケースが発生しています。責任を持って対応していただける方のみ、プロフィールの送信をお願いします。 

 

新規の方は全項目掲載してください。不備や未記入項目があったり、メール不達等の場合は再連絡はしません。

毎日生徒募集を行っていますがPR公開後、すぐに体験申込みが来るということではありませんので、予めご了承ください。

  1. 毎日メールチェック習慣がある方。
    体験のお申込みはすぐに来るとは限りませんので毎日メールをチェックする方のみ送信ください。
  2. 掲載内容の変更を速やかに報告いただける方。
    レッスン可能時間や料金の変更は速やかにお知らせください。(更新のタイミングと体験申込みのタイミングが重なりタイムラグが発生する場合もあります。)
  3. 掲載していることを忘れない方。
    このサイトは『わたしのピアノ教室』です。他の講師検索サイトに登録をしているなどで管理が曖昧になる方もいます。募集の停止を希望する場合は連絡をお願いします。

作り方

写真掲載について

新規登録の場合、顔写真掲載が出来る方のみ登録可能です。訴求力が高く講師検索をしている方に大変効果があるためです。

 

教室の場所

自宅の場合、『自宅教室』◯◯県 ◯◯市まで必ず記入してください。住所の番地までは不要です。

   

教室の最寄の駅とアクセス

家から近所の先生を探している生徒さんが多いため具体的な地域名を記入してください。学区やランドマークの掲載も効果的です。

例:JR◯◯線 ◯◯駅徒歩5分 私鉄◯◯線 最寄り◯◯駅から徒歩2分 ◯◯図書館前(目印スポットなど)◯◯小学校校区。

 

プロフィール

出身大学や経歴を差し支えない範囲で記入してください。

 

指導対象年齢・指導生徒数・ピアノ設備

差し支えない範囲で記入してください。

 

体験について

・所要時間と金額について明確に記入してください。

・5月1日10:00~、5月10日10:00~の具体的な日時指定は不可です。

・毎週◯曜日(お時間はお問い合わせください。)にするなど汎用性ある掲載方法でお願いします。 

  

出張レッスン

交通費を生徒さんが負担する場合は、必ず記載してください。遠距離出張の希望はほとんどありません。

東京23区、◯◯沿線◯◯駅~◯◯駅までと広域より、近隣の駅名、町名を具体的に書く方が体験申込率も高まります。

 

講師経験

指導経験年数や何年〜指導している等、わかりやすく記入してください。

 

可能なレッスン

ソルフェージュ、聴音、音大受験指導、、と名詞の羅列だけでなくそれぞれの具体的な指導方法や使用する教本名と指導方法などを詳細に、わかりやすくご自身のポリシーも併せてできるだけたくさん記入してください。

 

コースと料金

・対象者(特に年齢、月齢)と料金を明確に記載してください。

・出張でレンタルスタジオ利用など別途費用がある場合、金額の具体例を掲載してください。

・発表会、欠席の振替の有無などについて質問が多い事項です。具体的に記入してください。

・個人のホームページへは当サイトのビジネスモデル上、掲載しません。

 

レッスン可能日時

・具体的な時間を幅をもたせて記入してください。”応相談”は不可です。

例:17:00〜21:00 と半角英数でお願いします。 

 

その他PR

指導環境、楽器の型番、自分から習うメリット、指導ポリシー、キャリア、現在指導中の生徒さんからの評判などをできるだけたくさん記入してください。

 

大人のピアノレッスンについてアドバイスや指導方法など教えてください

こどものピアノレッスンは何歳からを推奨しますか?

教室選びにお困りの方へアドバイスをおねがいします

一部情報提供ページへ掲載します。初めてプロフィールを制作する際はご記入ください。既存の方は結構です。

 

写真

写真はとても訴求力が高く信頼性も高まります。先生と生徒さんの写真があると、イメージが湧きやすいと親御様から大変好評ですのでご用意願います。掲載する写真は生徒さんとのレッスン風景写真をお願いします。

 

ホームページのエリアごとの講師の掲載順序について

体験申込の多さ、可能時間の多さなどでエリア内で掲載順序が変わる場合があります。

初回の連絡方法について

初めて生徒さんとコンタクトを取る時、『わたしのピアノ教室』の講師からのメールと判るようご配慮ください。

件名に【わたしのピアノ教室 講師の○○先生(ホームページ上の講師名)より体験の日程調整の件】と入れる等、講師のフルネームを知らない生徒さんにもすぐに分かるようにしてください。

 

初回のメールで講師の住所などを全て生徒様にお伝えする必要はありません。お電話で対応して頂いて結構です。生徒様から返事が返ってきた後、講師の連絡先をお伝えしてください。

 

体験レッスン日のスムーズな調整方法について

生徒様との体験日程調整時に、体験可能な日程を3,4日分提示して選択してもらうようにするとスムーズにできます。

 

【体験レッスン可能日時の提示方法の例】

体験可能日時 4月1日 10:00~12:00/14:00~16:00

体験可能日時 4月3日 9:00~12:00/13:00~19:00

体験可能日時 4月5日 13:00~20:00

 

生徒様から「先生の連絡先を聞くのを忘れたので連絡が取れない。」というお問い合わせが増えています。当サイトからは講師の連絡先をお伝えはしません。生徒様に先生ご自身で連絡先を伝えてください。

※写真の送付は掲載後、こちらからメールで送信の依頼をします。

※更新は、変更希望欄のみの記入で結構ですが、追記や部分修正は致しません。欄内を全てコピー&ペーストをします。