ピアノ教室の集客・生徒募集

生徒を今より増やしたいけど自作ホームページでお問合わせが来ない。どんなプロフィールが魅力ある教室に見えるか、生徒が知りたい情報100%制作費0円であなたの教室のPRページを制作、生徒募集を入会決定後の成果報酬型でサポートします。

 

ピアノ講師の皆さんなら多かれ少なかれ、集客の広告を出された経験があると思います。その際、一定の広告費をかけて予想していた集客はできているでしょうか?連載すると効果的なのは分かっていても費用対効果が見込めない広告にそう何度も掲載できないのが現実ではないでしょうか?『わたしのピアノ教室』はそんな集客を効率的に行いたいと思っておられるピアノ講師を募集しています。

 

独自のレッスンスタイルをホームページ上のプロフィールに詳しく記入し、それを見た生徒さんが習いたいピアノ講師を指名、レッスン継続が決定した後に成果広告料としてお支払い頂きます。生徒さんにとってもピアノ講師にとっても画期的なシステムです。 

生徒募集このようなお悩みありませんか?

  • ピアノ教室の集客方法がわからない。
  • 思うように生徒が集まらない。
  • チラシを作っても一時的な反応(最悪、無反応)しかない。
  • SNSやブログで集客できない。
  • 最近は口コミで広がっていかない。
  • 時代にあった集客方法がわからない。

ピアノ教室の生徒募集で大切な3つのこと

1.あなたのピアノ教室の存在を知ってもらう事

今もしホームページやチラシで生徒を募集している方がいらっしゃれば、そこに掲載している内容は電話番号と名前、簡単なPR文章だけではないですか?多くの生徒さんが知りたいと思っている事は教室の場所、料金、講師経験や人柄です。

 

料金については問合せをするまで教えられない、場所は自宅だから住所を記載したくない。顔写真なんてとんでもない!という方もいますが生徒さんの信頼を得るには掲載は重要な要素です。インターネットで検索している人は『比較』が当たり前。出し惜しみしない情報提供をしている教室がしっかり生徒募集に成功しています。

2.自分のピアノ教室の特徴をしっかり表す事

あなたのピアノ教室の『ウリ』は何ですか?と聞かれて、すぐに言えますか?子供も大人も習い事は今は簡単にインターネットで探すことができます。星の数ほどあるピアノ教室の中で一つだけ選んでもらうためにはコレだ!という特徴的なウリを用意することがとても大事です。ありきたりな内容では誰にも選んでもらえません。

 

さて、AとBとどちらの教室の方が魅力的でワクワクしますか?

 

A「3歳から80歳までどんな人もあなたの希望に沿ったレッスンをします。」

B「教室の8割の生徒さんが3歳〜5歳までの未就学児。この時期の音楽指導が特に得意です!のべ200名以上の幼児を指導してきました!趣味で始める大人の生徒さんは、自分の好きな1曲だけを徹底的にレッスンするスタイルで3年以上継続して通う生徒さん多数!」 

 

Aはとてもありきたりな内容です。

Bは「あ、うちの子供も通わせたい!」と思ってもらいやすいのでBを選ばれる方が多くなるでしょう。特別すごいことをしている教室ではないですが、・幼児の指導が得意・200名という具体的な指導人数・3年以上続く人多数、という要素を上手に表現できています。

 

要は、ターゲットとなる人物をしっかりと決めてその人に向けてメッセージを出すようなつもりでプロフィールを書くと「わたしのことだ」と生徒さんの方からやってきてくれます。 

 


○音大卒・コンクール実績ある先生が有利とも限らない時代です!

 

 

日本最高峰の音大をご卒業された方、留学経験もありコンクールでの実績もある先生方のプロフィールを見ると実にシンプル・・。これはとてももったいない事です!いろいろなポータルサイトや講師紹介サイトにご自分のキャリアを掲載するときは、そのサイトの主旨を理解する必要もあります。

 

例えば、この「わたしのピアノ教室」の主旨やターゲットユーザーは、以下の通りです。

・子供が歩いて通える家の近所の個人のピアノ教室を見つけたい。

・初めての習い事検索。

と、言ったような方が8割です。

 

このような目的の方にとって、日本最高峰の音大卒と一行だけ書かれていてもいまいちピンと来ないでしょう。逆に有名な音大を卒業していなくても、レッスン可能な時間帯が幼児が通いやすい時間がたくさん設定されていたり、リトミックや音あそびについてとても詳しく記載されている先生のほうが指名が高くなります。

3.生徒さんにベネフィットを感じさせる事

ご自身の演奏動画や〇〇先生に師事した、などキャリアをたくさん掲載される方がいますが、生徒さんの多くは未来にどんなベネフィット(利益)が得られるかが具体的に書かれている教室を選んでいます。

 

キャリア掲載は無いよりはしたほうが良いですが、どれだけ生徒さんと親御さんの立場にたって教室の指導ポリシーが書けるかが大きな分かれ道と言っても過言ではありません。

 

その答えはこれまで指導してきた生徒さんの中に答えはあるはずです。

  • 子供がピアノを通じて一生音楽を楽しめる人間になってほしい。
  • 絶対音感を身に着けさせたい。
  • 音大に入りたい。
  • 幼稚園の園児にもっと演奏してあげたい。
  • 親子でセッションを楽しめるようになりたい。

など、体験レッスンに来る前にそれぞれの思いがあるはず。それらを先生の教室に通うとどんな幸せな未来が待っているのかを示してあげると生徒さん(お客様)がレッスン料を支払う価値を見いだせるのです。

ピアノ教室の申込みの不安を払拭してあげる

子供のピアノ教室の申込みは大抵は親御様がされます。保護者の方たちは複数のピアノ教室のホームページや先生のPRを見比べて選びます。

 

その時の悩みは、上達出来るか、子供に厳しい先生ではないか、レッスン料がわかりやすいか、自宅から通いやすいか、などさまざま。その不安の払拭のためには以下の様な客観的な意見などを掲載することもポイントです。

  • 実際に通っている生徒さんの声や写真を掲載する。
  • 自分の指導歴だけでなく、生徒さんの成果(コンクール入賞歴など)も掲載する。
  • 教室内の設備を写真や動画で公開する。

生徒さんのピアノ教室入会までの流れは「知る」→「比較」→「決定」

「知る」→まずはチラシや看板、SNSやマップなどで自分の理想の教室を探すことから始まります。

 

「比較」→複数の候補が見つかると次は「見比べてより良い方を選択」するでしょう。その時にチラシや看板だけでは伝えきれない教室情報がホームページや講師プロフィールからたくさん見られると他の教室より頭ひとつリードします。

 

プロが作ったキレイでデザイン性が高いホームページだったとしても、内容が薄く「生徒さんが欲しい情報」が載っていないと全く集客できない営業マンと同じ事です。→個人ピアノ教室のホームページを自分で安く簡単に作る方法は?

 

「決定」→どんな人でもできるだけ失敗したくないので教室選びはとても慎重になっています。体験を申し込むという決意のハードルを少しでも下げてもらうためには不安を払拭し、ポンと背中を押してくれる要素が更に必要です。

 

相手の立場にたって自分のプロフィールやホームページを見直してみるとまだまだ情報を出し惜しみしている教室が多いと思います。

ピアノ教室はサービス業

先生業だからとて、待っていると生徒さんが集まってくるわけではありません。目の前に生徒さんがやってくるまでは塾や英会話スクール、トレーニングジムとなんら変わらない「サービス業」です。

 

なかなか勇気がいることかもしませんが、今の生徒さんたちに先生の教室のいいところ、悪いところなどをアンケートを取ってみても良いかもしれません。

 

「お客様の声」は自分の教室を改善していけるチャンスです。先生が思いも寄らない「小さなストレス」を生徒さんや親御さんは感じていたりするかもしれません。お客様のご意見を聞く姿勢を見せる事も経営者には大事な事です。

主な生徒募集方法

チラシ集客

生徒募集においてチラシ宣伝はしないよりする方が良いでしょう。まず、近所のみなさんに「こんなピアノ教室がありますよ」と存在を知ってもらうためにもチラシ宣伝はした方がいいですね。

 

チラシ宣伝の目的はまず近所に教室があるということを知ってもらう事。

一度しか見てもらえない事を考えると、そこにごちゃごちゃと文字を連ねるよりはインパクトを残すようなキャッチコピーやピアノ教室の特徴を打ち出したチラシにする方がよいでしょう。

 

料金、連絡先、住所など最低限の項目は掲載する必要があります。

ホームページ・SNS集客

ホームページでの集客はチラシを配ったエリア以外の人たちに宣伝ができる24時間365日いつでも営業が出来る便利なツールです。

 

また、チラシと平行してホームページにはチラシに書ききれなかった事をきちんと明確に掲載することができます。料金やレッスンコースの内容を具体的に示したり、生徒や保護者の声、講師のメッセージや演奏動画等も掲載する事ができます。

 

生徒さんが「ここでレッスンを受けてみたい!」と思わせる内容作りが大事です。またホームページはどんどん情報を追加してページを増やして行く事ができ、簡単に修正もできるのでタイムリーな情報もすぐに閲覧者に届ける事ができます。

 

調べものをするのに必要不可欠となったインターネット検索、見込み客である閲覧者たちはみなさんのホームページを見る前に他のピアノ教室をたくさん検索し情報を比較しています。

わたしのピアノ教室はホームページでプロフィールを公開し続けます

生徒さんの正式継続が決定したら成果広告料(10,000円税別)が発生するピアノ講師にとってムダの無い、効率的な仕組みにしています。

 

今まで生徒募集のための折り込み広告などで集客に苦労された経験はありませんか?広告宣伝費に余裕がある場合はともかく、何人確保できるか、また長くても2~3日間だけしか見てもらえない広告にお金をかけていてはもったいないとは思いませんか?

 

『わたしのピアノ教室』ではチラシ広告を作る代わりに同じ様にみなさんのピアノ教室のプロフィールページを無料で制作、内容は生徒さんが欲しい情報を見やすく公開します。内容が充実しているのでミニホームページの様な役割も果たしてくれます。

生徒さんが知りたい項目をしっかり掲載します

わたしのピアノ教室のプロフィールフォームは、個人でホームページを作らなくてもミニサイトとして十分機能するページを無料で制作します。項目は20項目以上!これらはすべて「生徒さんが知りたい情報」ばかり。

 

文字の羅列ではなく、目の前に生徒さんがいるつもりで丁寧に”接客”対応をしましょう。プロフィールデータはインターネット上の名刺代わりです。先生の人物像を知ってもらえるよう大事に記入してください。

  1. 講師名
  2. 体験レッスンについて
  3. 教室の住所
  4. 教室の最寄駅
  5. 駐車場の有無
  6. プロフィール
  7. 指導対象年齢・性別
  8. これまでの指導生徒数
  9. ピアノ設備・環境
  10. 体験レッスンの時間と料金
  11. 出張レッスンの不可
  12. 講師経験
  13. 指導方針やメソッド
  14. 一週間のレッスン可能日時
  15. 発表会の有無
  16. ピアノ教室を探している初心者の生徒さんへメッセージ
  17. もう一度レッスンを始めたいと思っている経験者の方へのメッセージ
  18. 楽器の購入やレンタルについて
  19. 先生・レッスンの様子・発表会などの写真
  20. 自己紹介・レッスンの様子の動画

ホームページ集客10年以上の女性ウェブ制作担当者が教える自分でホームページを安く作る方法

ピアノ教室運営になくてはならないホームページ。自分で作りたいと思っていても何から始めたらいいか迷っていませんか?作成ツールがたくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからないなんてことありませんか?

 

このホームページを始め、10サイト以上をホームページ作成ソフト【ジンドゥー】 で作成してきた女性ウェブサイト制作者がホームページ作り初心者の方に丁寧にお伝えしています!

 

高いお金を払ってホームページはつくらなくてもいい!自分で小さく安く始めて生徒募集ができるホームページを自分で作ってみませんか?

掲載中の先生の声

  • 『わたしのピアノ教室』はきっちりしているので安心です。あと、女性と子供専門いというのも安心です。
  • 多くの講師紹介サイトは生徒さんからも紹介料を取っておられます。講師としては正直時間を守らない生徒さんや、指導を受ける意識が薄く本気度がみえない方はお断りしたいと思うこともあったりします。中間マージン的なものを徴収されたり、長く続けるか続けないかわからない生徒様(信頼関係が築ける前に精算があるのに少し抵抗もあります)もいらっしゃるのでご注意がしづらい面もありました。
    こちらのサイトは講師が心地よくレッスンができるよう、配慮してもらえているのがわかります。
    長く続けていただけるかどうかは、指導者の手腕でもあると考えますので、成果広告料が高いか安いかは自分次第というところもとてもやりがいを感じながら音楽指導を続けられます。
  • ネットでの生徒募集は、まず体験に来てもらう事が一番大事だと思います!体験レッスンの料金設定やプロフィールの制作について色々教えてくださり、その後生徒さんからの問い合せが確実に増えました!
  • インターネットで生徒募集というものに最初は抵抗がありましたが、お問い合わせがあってレッスンに来てくださる方は意外にも近所の方だったりするので、こういう募集方法もあるのか、と感心しています。
  • 体験レッスンでうまくレッスンが継続する場合もあれば、上手く行かない場合もあります。生徒さんから体験の申込があればすぐに連絡を下さるのでトントン拍子で体験レッスンが決まる事が多いと思います。これからもお世話をかけますがよろしくお願い致します。
  • 自分で作っているホームページからは全くと言っていい程レッスンの申込などはなかったですが、こちらに掲載してもらってから結構すぐに問い合せが来てびっくりです。プロフィールが詳しかったから。と生徒さんにも褒められました。HPは持っているだけではダメな事が分かりました
  • プロフィールを載せてからたくさんの生徒さんにご覧頂き体験レッスンを受けてもらえています。レッスン風景の写真も掲載しませんか?と声もかけていただいたりするので感謝しています。
  • ただプロフィールを掲載するだけのサイトはたくさんありますが、どんな情報を生徒さんが知りたいのか、というアドバイスがもらえるので掲載してよかったと思っています。
  • プロフィールを掲載してから1年程で15名くらいの生徒さんから問い合せが来ました。たくさんの生徒さんが短期間に増えて感謝とともに驚きもあります。担当の豊田さんが一生懸命私のプロフィールの閲覧者数を増やすため努力していただいているものと、毎回のメールのやりとりで感じています。これからもよろしくお願いします。
  • 夏頃にご案内いただいた生徒さんは 熱心にピアノを練習しており、どんどん上手になっています。
  • 親御さんも親切な方で、毎回楽しくレッスンしています。 素敵な生徒さんを案内していただき本当に感謝しています。今後ともよろしくお願い致します。
  • 生徒さん募集のホームページは、私のようなフリーの音楽家にとって、本当に感謝すべき存在です。色々とお手数おかけする事があるかもしれませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。
  • この度はサイト様に登録してからの早々のご案内本当にありがとうございました!
  • 現在、楽しく通って頂いております!講師プロフィール欄にも詳細を載せて頂き、生徒様にも分かりやすいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。
  • システムが効率的でいいと思います。ご案内頂いた生徒さんは子供さんですが、楽しく続けて頂いています。これからもよろしくお願いします。
  • 最初の生徒さんは私自身がこのシステムに不慣れであったため正式レッスンとはならなかったが、二人目では一人目の失敗を教訓にして対応するとスムーズに正式レッスン成立までいけた。
  • 生徒さんをご案内していただいた後は、講師側が自由にレッスンをできます。レッスン料金に対して中間マージン的なのもなくとにかくシンプル。 このようなサイトですと、生徒さん側も安心してくださると思いました。素敵な縁をありがとうございました。感謝しています。
  • 小さな音楽教室ですが、自分なりの宣伝も限度があり、このような個人の教室を応援くださっているホームページはとてもありがたいです。
    音楽専門に学んできたものはなかなか自分個人を宣伝・アピールするということが不慣れだとおもいますので・・。
  • 私たち講師にとって、このようなサイトはとてもありがたいです。ますます講師・生徒数が増えるよう、私も微力ながらお手伝いができればと思っています。
  • ホームページを持っていても、直接生徒さんからの応募はありませんでした。成果広告料の1万円は生徒さんからの入会金もしくは月謝ですぐに回収できるのでこの仕組みは嬉しいです。
  • 正直、ピアノを教えることは得意でもインターネットを使って生徒を集める事は疎い私にはいいです。
  • 講師登録から比較的すぐに生徒さんを案内してもらえました。今後もよろしくお願いします。
    (『わたしのピアノ教室』より:講師が登録しているエリアの検索対策は特に優先的に行っていますが、地域によって差があります。すぐに生徒さんからの問い合せが無い場合もあります。)